お釈迦様の悟りはパラレルワールドを減らす

座禅や苦行で有名なお釈迦様の悟りは、お釈迦様の師匠たちから引き継ぎ発展させた「十二因縁(じゅうにいんねん)」という考え方から、「体験する前から、結果がどうなるか分かってるでしょ」という身もふたもない、将来の夢を妄想することを全否定する境地に達することで、新たなパラレルワールドの創出をなくしてしまう状態です。
悟っていない人は「こっちがいいかな、あっちがいいかな」と迷いながら生きているので、パラレルワールドが必要以上に生成され、「自分で決められない」「優柔不断」「結果が出ない」といった悩みを増やしていきます。ブレブレなんですね。
お釈迦様は「現状を言い訳せずに受け入れ、そこからより良い結果に進むだけ」と諭していったわけですね。「進められるかな、進められないかな」という迷いすら「ブレてるよ」と諭し、「十二因縁どおりにしかならないのだから、考えることは無用」と言わんばかりです。
じゃあ、お釈迦様自身はどんなパラレルワールドに生きているのかといいますと、その時その時で必要なもの、こと、行動に集中するので、1本だけのブレないパラレルワールドを確実に進んでいくのです。
これが「悟った人は悩まない、迷わない、夢を実現する不思議な力を発揮する」の仕組みです。
将来の夢を妄想しないのに、夢を実現する力があるというのは変な話ですが、悟った人からすれば「将来の夢」とわざわざ区別せず「これから実現しようとすること」として取り組んでいるだけですから、悟っていない人から見れば「夢を実現している!」と驚くほどの奇跡的な展開や急展開が起きているということです。
実際、お釈迦様が生きていた時代はお釈迦様に寄付が集まりまくって、食べ物を得るための托鉢はしていたんですが、宝石やお金は教団の物か寄付された僧侶の物かで議論が起こり、お釈迦様は「寄付された僧侶の物としていいんじゃないか」と適当に答えたそうです。取り上げてしまうと争いごとが起こると考えたのでしょうね。争うよりも日頃の修行の実践を優先させたのでしょう。
将来の夢を全否定し、何でも実現していく力、それが悟りなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2021.09.20 | フリンジ

    神様降臨
    次は神様呼んで!えっ? 創造神? 全知全能の神?…
  2. 2021.09.18 | フリンジ

    産神降臨
    「産神(うぶがみ)」って知ってる?もちろん、知って…
  3. 2021.09.17 | 笑える話

    鮭ったら
    ちょっと聞いて!どうしても鮭フライが食べたくて、ちょっと遠…
  4. 2021.09.15 | コミュニケーション

    主人公がサイコパスの物語が多すぎる
    Netflixオリジナル映画『デスノート』を今、見ています…
  5. 2021.09.14 | マナー

    ある僧侶の困惑
    受講生の中に何人か僧侶がいることはめずらしくありません…
  6. 2021.09.13 | 自己実現

    昔、受講者から言われたガッカリな言葉
    わたしは10年以上、全国で講座を開いて、さまざまな真実を解…

ピックアップ記事

  1. 2021.09.17

    鮭ったら

    ちょっと聞いて!どうしても鮭フライが食べたくて、ちょっと遠いけど老舗のお店に行って買ってきたんだよ…